壁掛けのフォトフレームを自作する(構想)

フォトフレームなんておしゃれな単語を使っていますが、要は写真立てです。ですが、壁に掛ける都合上写真立てでは矛盾してしまいます。写真、立ててない。サイズ的に額縁とも違う。ゆえにフォトフレームなわけです。理解してください、この葛藤。

額縁構造の写真立ては難易度が高い

今回作成するのは、アクリル板をネジで挟み込むタイプのフォトフレームです。通常の写真立てのように、額縁状の縁飾りはありません。なぜか。額縁は非常に難易度が高いからです。額縁はななめ45度に切断した木片を4つ接続して枠を作成しています。この構造がDIYで作るには非常に難しい。ななめの切断はホームセンターでは行っていないところが多く、よしんば行っていたとしても誤差がかなりあります。そのため自分でななめ切断にトライするわけですが、単に切断しただけでは角度がまず一致しません。カンナとヤスリで整形しようにも、直角と違って非常にやりにくい。ソーガイドを使うことで切断制度はかなり上がりますが、まずソーガイドをななめ45度に設定することが至難の業です。というわけで額縁状にすることをあきらめ、単純な形状のフレームにしようと思い立ったわけです。

構造

構造は非常に単純です。アクリル板とMDFで写真を挟み込んでフックを付ける。それだけ。これだけ単純なら、まぁ失敗することはないでしょう。

フォトフレーム 表

フォトフレーム 表

フォトフレーム裏

フォトフレーム裏

イメージはこんな感じですね。

材料

構造は非常に単純ですが、材料はちょっと面倒くさいです。

  • アクリル板 2mm厚
  • MDF 5.5mm厚
  • ハイパーフックかけまくり
  • ヒノキ工作棒材 10mm × 10mm
  • 組ネジ(シカゴスクリュー) 4個

アクリル板

ホームセンターで購入できます。アクリル板に限らず、DIY材料はネットよりも実在するホームセンターの方が安いことが多々あります。A4サイズくらいであれば1500円でおつりがくるんじゃないでしょうか。3つ分くらいの材料になるはずです。

MDF 5.5mm

粉状の木材を接着剤で固めた、木質ボードと呼ばれる素材の一つです。特徴は安いこと。900×300で500円以下だと思います。

ハイパーフックかけまくり

でましたハイパーフック。額縁用のメタルフックWHです。これはホームセンターで扱っていないことが多いので、通販で買いましょう。楽天の「はかりんぼう将軍」が安いです。はかりんぼう将軍でハイパーフックかけまくりを買いましょう。なんだか楽しくなってきました。

ハイパーフックかけまくり メタルフックWH

ハイパーフックかけまくり メタルフックWH

ヒノキ工作棒

ホームセンターで100円くらいです。説明するまでもなくただの棒です。ホームセンターに打っている木材はいったい誰がなんのために買っているんだと思うことも多々ありますが、俺が工作するために買っています。

組ネジ

最も入手に手間取るのがこの組ネジだと思います。ホームセンターでもネジの取り扱いが多い店舗ならおいていると思いますが、外観に優れたものはあまりありません。これも楽天が強いようです。製本やレザークラフトに使われるものは特に外観に気を使っているものが多いようなので、それを選びましょう。気にしなければ普通のボルトとナットでも構いません。それも武骨でいいかもしれません。

組ねじ 9φ

組ねじ 9φ

次から作ります

図面と材料だけ紹介したところで終わりです。なぜならまだ作ってないからです。作りたいという気持ちだけなら負けませんが、実際に作れるかどうかは不透明となっております。このエントリーに限らず、タイトルに(構想)とついているものはなんだかそういう傾向があります。すいません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です