壁掛けのフォトフレームを自作する(制作編)

完成したフォトフレーム

前回考えた通りに作っていきたいと思います。ちなみに前回とはこれです。

壁掛けのフォトフレームを自作する(構想)

アクリルパネルの切断

アクリルパネルはアクリルカッターと呼ばれる専用のカッターを使用して切断します。普通のカッターでの切断は困難を極めますので注意しましょう。切断するのではなく、引っ掻いて溝を作って溝を起点におっぽしょる、と言った方が正確でしょうか。「おっぽしょる」の時点で正確ではないですが。ちなみに長野県の方言で「へし折る」の意味です。アクリルは溝をつけてへし折りましょう。だいたい1/3くらい溝が付けばおっぽしょれるはずです

切断したアクリルパネル

切断したアクリルパネル

MDFの切断

アクリルが終わったら今度はMDFです。MDFはおっぽしょれないので地道にのこぎりで切りましょう。5.5mmのMDFなのでザクザク切れます。ホームセンターで売っている替え刃式ののこぎりがお勧めです。(のこぎりに限らずDIY用品はamazonだと高いものがあるので注意)
薄くて勢いがつきやすい分まっすぐ切りにくいので、ソーガイドがあると正確に切断できます。

切断したMDF

切断したMDF

ちなみにソーガイドはこんなんです。2枚の金属板でのこぎりを挟み込み、直線切断時に曲がらないようにしてくれる道具です。

ザグリ穴開け

購入した組ねじの長さがちょっとだけ足りなかったようでMDFとアクリルが共締めできないのでザグリ穴をあけてネジが届くようにしてあげます。センターポンチで窪みをつけてから、10mmのフォスナービットでだいたい2-3mm掘ります。MDFは柔らかいのでザグリ穴も簡単。

MDFに貫通穴あけ

フォスナービットで空けたザグリ穴の中心に5mmの貫通穴を空けます。組ネジの軸径は4mmなんですが、ぴったりだとキツキツで入りません。4.5mmのドリルがあればちょうどいいと思いますが、5mmでも大きすぎるということはありません。

ザグリ穴と貫通穴をあけたMDF

ザグリ穴と貫通穴をあけたMDF

アクリルパネルに貫通穴あけ

アクリルとMDFをテープで仮固定し、MDF側の貫通穴からアクリルパネル側にもドリルを通します。これが一番ずれない方法だと思います。アクリルは木材と違って硬くドリルが通りづらいので慎重に作業してください。金工用の片刃ドリルだと穴周辺が欠ける恐れがありますので、アクリル用と明記されているものか木材用の両刃ドリルがいいと思います。

穴をあけたアクリルパネル

穴をあけたアクリルパネル

壁固定金具と裏面のスペーサー取付

今回もハイパーフックかけまくりで壁掛けにするため、固定用のフックを設置します。ホームセンターで購入した4個100円の鉄板材と5.5mm厚の端材を利用してフックを作成します。
フックに引っかかっているだけだとブラブラで安定しないため、壁とフォトフレームの距離が一定になるようにスペーサーをかまします。こちらは昔購入した9mm厚の杉材。10mmだとスペーサーが厚すぎて斜めになってしまうようです。設計図は10mmで書いてしまったような気もします。

端材を木工ボンドで圧着

端材を木工ボンドで圧着

完成

研磨も色塗りもしていませんが、機能としてはこんな感じです。単純ですね。いっぱい並べたり大きく作って写真をたくさん入れてみてもいいかもしれません。
今回作成に当たり参考になるかと思って100円ショップに寄ってみたんですが、写真立てもたくさん種類があるんですね……工作精度やチープさは値段相応なものの、なかにはちゃんとガラスを使用したような製品もあって、自作のメリットというものが薄れているんだなと思った次第です。

完成したフォトフレーム

完成したフォトフレーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です