室内ドアの隙間をモヘアテープでふさぐ

いよいよ寒くなってまいりました。昨年までは室内の暖房に石油ファンヒーターを使用していました。それが直接的な原因かどうかわかりませんが、湿気で押し入れがカビだらけになってしまいましたので、今年はエアコンだけで乗り切ろうと考えています。さすがにエアコンの暖房能力だけでは心許ないので、アパートの防寒能力を高めるべくいろいろ策を考えています。その第一弾として、室内ドア下の隙間をテープでふさぎます。

室内ドア下の隙間

おそらく換気目的だと思うのですが、リビングに2つあるドアの下には1cmもの隙間があります。部屋を暖めるとその隙間から隣の冷たい空気が流れ込んできてしまうのですね。しかも2つあるドアの内一つは廊下に面していまして、こちらからは10度を下回る冷気が侵入してくるわけです。この状況を少しでもましにするため、ドアの下にモヘアテープを貼って空気の流れを少しせきとめようというわけです。

モヘアテープ

モヘアテープ

モヘアテープ

モヘアテープはこんな感じの毛虫みたいなフサフサしたものです。両面テープでドアに貼り付けることで、ブラシ状の毛が隙間風を減少させます。ブラシは柔らかいので、ドアが重くなるようなこともありません。

モヘアテープの貼りつけ

テープを張り付けるためにはドアを外す必要があります。外し方はドアの形・年式によって様々なようです。現在のアパートはクローザを外してまっすぐ上に引き上げれば簡単に外れました。全然関係ないですが、クローザのネジが逆に付けられてるような……

ネジ穴とネジが合っていない

ネジ穴とネジが合っていない

ドア下部にモヘアテープを貼ります。

ドアの下にモヘアテープを貼る

ドアの下にモヘアテープを貼る

ドアをはめ込みます。上下を合わさなくてはいけないのでなかなか難しい……この際ついでにドアの左右・上下のガタを調整しておくとよいでしょう。ドライバー一本で調整できます。LIXILのサイトで大概のドアは網羅されてるんじゃないでしょうか。説明文は業者向けなのか何なのか非常に分かりにくいですが……

結果

取り付けて数日ですが、正直なところ効果はあまり分かりません。隙間が少なくなったので、多少ドアが重くなったかな?という程度です。隙間に手を当てた際に感じる風は少なくなりましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です