ホワイトボードクリーナーを自作する

お酒おいしい

なんでこんなものを自作?

ホワイトボードのクリーナーなんて、百均に行けばいくらでも売っています。ならばなぜこんなものを作るのか?なかなかいいデザインのものがなかったからです。基本的には事務用品なので、見た目にこだわった製品がなかなかないんですね。だいたいが青いプラスチック製です。それはさすがにちょっと無いなと思い、作ることにしました。

材料

必要な材料は以下の通りです。

  • 適当な端材(10cm x 2cmくらい)
  • 磁石
  • 木口テープ
  • フェルト

磁石はamazonで注文しました。その他の材料は手元にあったものを使います。木口テープやフェルトなんかは、ホームセンターでそろえると安上がりです。amazonにもありますが、これらに限らずDIY用品はホームセンターの方が安いので、まずは店舗に行く方が良いでしょう。

作業工程

ベースとなる端材に磁石を入れる穴を空けます。隠れてしまうので位置も適当です。磁石の厚さと等しい深さの穴を空けるようにしましょう。穴が深すぎるようであれば、厚紙なりで調整すれば問題ないです。フォスナービットで開けていますが、上から木口テープでふさいでしまうので鉄工ドリルでも別にいいでしょう。

適当な端材に適当に穴開け

適当な端材に適当に穴開け

磁石を入れたら上から木口テープを貼り、見えなくします。はみ出た木口テープはカッターで切断します。

木口テープを張り付け

木口テープを張り付け

余った部分をカッターで除去

余った部分をカッターで除去

フェルトを貼ります。今回使ったのは粘着シート付きの厚手のものです。確か椅子の裏に貼る吸音目的のものだったはずです。

フェルトを張り付け

フェルトを張り付け

色を塗ります。チェスナットのステインを1回、その後ニス塗り。凝ったものでもないため、塗り方も適当になっています。
完成しました。簡単ですね。

完成

完成

使ってみる

お酒おいしい

お酒おいしい

お酒

お酒

問題なく消すことができます。よさそうですね。購入した磁石がとても強力な物だったらしく、剥がすのに力が必要なほどです。磁石は2つでもよかった気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です