シャワーバーを自分で設置する

シャワーバー設置完了

シャワーバーとは

シャワーバーサンプル画像(INAXより)

シャワーバーサンプル画像(INAXより)

僕も実物は見たことはないのですが、シャワーバーという製品があります。一般的なシャワーフックと違い、シャワー位置を動的に変更できる便利なものです。前言撤回、そういえばホテルとかで見たことがあるかもしれません。どういう仕組みになっているかというと見たまんまですが、壁面に固定された金属棒に可動するシャワーフックがつけられている、いたって単純な構造です。

今のアパートは

シャワーフック

シャワーフック

現在住んでいる賃貸アパートは築年数が浅いのですが、それでも普通のシャワーフックです。2ヶ所ついていて上の方は身長よりも高く、下の方は椅子に座った状態の頭より低いと、帯に短し襷に長し状態なわけです。これをシャワーバーに取り換えてしまおうという魂胆です。業者に頼めば数千円〜数万円、そもそも賃貸アパートでは施工を断られます。それならば自分で付け替えてしまおうというわけです。さいわいにもネット上に通販しているサイトはたくさんありますので、挑戦してみましょう。

シャワーフックを外す

既存のシャワーフックはネジ止めになっていて、ネジ部がゴム製のカバーで覆われて浸水しないように保護されています。2個所のネジを外せばあっさり外れます。テープ等で浸水を防止しているかと思いましたが、それもなし。ネジ穴にはシリコンかなにかを注入した後がありました。

シャワーフックを取り外したところ

シャワーフックを取り外したところ

外した結果がこれです。退去時に戻す必要があるので、保管しておきましょう。上のフックについても同様に撤去。

シャワーバーをつける

取り付けるシャワーバーはこちら。INAX BF-27B(800) スライドバー付シャワーフック。定価は結構なお値段ですが、amazonで送料込3200円でした。長さを確認し、既存のネジ穴と一致するか確認します。事前にはかった段階では若干あまりそうな感じでしたが…

はい、ちょっとだけずれてます。その差3cmほど。これは予想の範疇ですので、シャワーバーを金ノコで切り詰めて調整します。

パイプを固定金具から外す

シャワーバーを分解中

シャワーバーを分解中

パイプの両端にはプラスチックの留め具がついています。これははまっているだけなんですが、尋常じゃなく固い。強引に引っ張ってみたりグリグリ回したりシリコンスプレーを吹きかけてみたり…30分ほど格闘してようやく外れました。本当にはまっているだけです。根気よくグリグリしましょう。

切断に悪戦苦闘

見た目からして嫌な予感はしたんですが、ステンレスですねコレ…手持ちの安物金ノコで切断できるかどうか、とりあえずやってみましょう。

シャワーバー切断中

シャワーバー切断中

(10分経過)ひたすらギコギコしてここまできました。そして悟りました。無理です。いや無理ではありませんが、割に合いません。切断した後の切削処理も必要になるはずです。このままではいけない。

パイプカッターを購入

パイプカッター

パイプカッター

各種パイプを切断する道具、パイプカッターをamazonで購入しました。1000円。今後も使うかどうかはわかりませんが、今回は必須です。また、手元にコイツがあることでパイプを材料に組み込むことに抵抗がなくなるので、今後活用することで元を取りましょう。

パイプカッターでの切断結果はばっちり。既存のネジ穴を利用してシャワーバーを設置します。ネジ穴には防水シリコンを注入しておきましょう。元々の穴は二つあったので、そちらは特に入念に詰めておきます。

完成

シャワーバー設置完了

シャワーバー設置完了

設置が完了しました。シャワー高さのスライド、回転も問題なし。ネジ穴は増やしていないので退去時も問題なし。壊したわけではないのでつけたままでも大丈夫そうですが。出費はシャワーバーとシリコンコーキング、パイプカッター含めて5000円程度。シャワー位置が高くなったため、なんとなく銭湯っぽい感じがします。妊婦さんなんかはお腹がつっかえてシャワーが低いと大変なので、付け替えてあげると喜ばれます。喜ばれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です