Pokémon GO 序盤の進め方

ついに来たポケモンGO

アメリカより数日だいぶ遅れてPokémon GOの配信が開始されました。ガチ勢ではないですがポケモン大好き世代としてはやらないわけにはいかないでしょう。といってもゲームボーイ時代はやったことがないです。通信ケーブルってなんすか。

チュートリアル

チュートリアルは嘘です。嘘じゃないですが事前プレイもIngressもやったことがないので、完全な手さぐりプレイになります。事前情報は公式の解説ぐらい。起動後最初のイベントとして、ヒトカゲ・フシギダネ・ゼニガメの御三家から最初の仲間にするポケモンを選択します。ちなみに御三家を無視して進むとピカチューがゲットできるようです。ですがこいつは調子乗ってるのでゼニガメを選びます。

絶対ライチュウの方が可愛い

絶対ライチュウの方が可愛い

どういうゲームなんだ

本家ポケモンはモンスターボールでポケモンを捕獲し図鑑を埋めてポケモンマスターになることが目標です。それではPokémon GOは何を目的としたゲームなのでしょうか。目的意識の欠如した我々若者世代にもプレイできるゲームなのでしょうか。

全然関係ないですけどPokémonのeの上についてるアポストロフィーがとても邪魔ですね。打てないので毎回コピペしてます。

ポケストップでアイテムを手に入れよう!

Ingressと同じく、史跡や特定のスポットがポータルとなっています。Pokémon GOではポケストップと呼ぶようです。ポケストップではモンスターボール等の各種アイテムやポケモンの卵を入手することができます。ポケストップはどこから卵を入手したのでしょうか。こちらのポケモン世界でもひたすら交配を繰り返されるメタモンがいるのでしょうか。謎です。
中には自宅からポケストップにアクセスできる幸運な人もいるみたいですが、我々田舎もんは車でポケストップを目指します。

遠い

遠い

野生のポケモンを捕まえろ!

スマホを持ってうろうろすると野生のポケモンを見つけることができます。配置に関してはランダムなのかランドマーク基準なのかは特に明記されていませんが、両方な感じがします。人の多い所に出るという話もあります。発見したらモンスターボールをスワイプしてポケモンゲットだぜ!スマホなので連打するためのBボタンは存在しませんし、替わりにホームボタンを連打すると別タスクで起動していたセクシーなお姉さんのyoutube動画がコンニチワします。

水辺のポケモンばかりが出る我がアパート

水辺のポケモンばかりが出る我がアパート

アメで進化させろ!

ポケモンを捕まえる、またはポケモンを博士に送ることで「○○のアメ」を手に入れることができます。○○には対象のポケモンの名前が入ります。「コイキングのアメ」のような感じですね。これを大量に食べさせることによってポケモンを進化させることができます。たくさん与えると体が大きくなるという特性からおそらくこれはプロテインです。博士に送ったポケモンが材料ではないことを祈ります。SAVASかウィダーかは知りません。そうだね。

ギャラドスへの道は遠い

ギャラドスへの道は遠い

10km歩いて卵を孵化させよう!

ポケストップで入手した卵は、現実世界で10km歩くことで孵化させることができます(タマゴによって距離は異なるようです)。自転車・自動車等の乗り物、ランニング等の速い移動では孵化しません。GPSとジャイロで移動方法を判別しているんじゃないかと思われます。車通勤のサラリーマンには苦しい条件ですがあきらめて歩きましょう。僕の会社まで通勤距離は15km程ありますが、14.95kmが車移動なのでこのペースで行くと孵化までに100日かかりますね。プロテインと10km相当の運動が必要ということを考えると、生まれてくるポケモンは8割方カイリキ―かと思います。

10kmとか無理

10kmとか無理

ポケモンをジムに派遣してショバ代をせびれ!

ポケストップとは別にジムというスポットがあります。最初はだれも所属していないジムとなっており、一番乗りした人のチームが取得することができます。筋肉ムキムキのカイリキ―を用心棒として派遣しコラッタからショバ代をせびりましょう。

近所のジムはまだ弱い

近所のジムはまだ弱い

道場破りだ!タノモー!

他チームのジムにポケモンバトルを仕掛けることもできます。勝利するとジムの名声が減り、名声をゼロにすることでジムを乗っ取ることができます。勝った吾輩が道場の看板をいかにしようが勝手でござる。陣取りゲームなので、このジムの奪い合いが最終的な目標になるんじゃないかと踏んでいます。

ジムバトル想像図その1

ジムバトル想像図その1

攻め込んできた命知らずは囲んで棒で叩け!

もちろんジムには別のポケモンマスターが攻め込んできます。ですが所詮は相手ひとり。ジムには複数のユーザーがポケモンを設定できるので、数に物を言わせて囲んで棒でたたきましょう。

ジムバトル想像図その2

ジムバトル想像図その2

終わりに

リリースされたばかりのPokemon GO。今後もトレード機能の追加等が待ち構えているようです。ユーザーも爆発的に増加し、任天堂の株価さえ持ち直したようです。まだまだ序盤なので手探り状態のプレイが続きますが、非常に可能性を感じています。今後も定期的にプレイ日記を書いていくかもしれません。書かないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です