東京インターナショナルバーショー2016に行ってきました

バーショーのチケット

ほぼ一年前の内容になりますが、なぜかアップロードしていなかったのであげておきます。そして、今週末にはバーショー2017へ行ってきます。

東京インターナショナルバーショーって?

image
詳しくはコチラを。平たく言うとウィスキーの試飲イベントです。それだけでは平たすぎるので…

バーショーとは?
酒類・バー業界注目のビッグイベント「BarShow(バーショー)」は、世界各国でその地域の名前を冠して開催されており、業界内外問わず世界中で注目のイベントとして盛り上がりを見せています。

とのことです。業界関係者だけのイベントじゃないの?と思うかもしれませんが、業界関係者向けのイベントというだけであり、一般参加も可能です。僕は数年前に友人から誘われ、以降毎年参加しています。一日券5000円、出入り自由、お酒試飲し放題!というなかなかのイベントだと思っているんですが、知名度がありません。毎年会場に行くと大変にぎわっているんですが、なぜかブログやSNSで見かけないのです。やはり基本的に業者(酒屋さん・バー従業員)向けのイベントであるということと、イベント中は飲むのに忙しくツイッターにも投稿されず、翌日は二日酔いでブログなんて更新できないというのが本当のところだと思います。

基本情報

【タイトル】 東京 インターナショナル バーショー + ウイスキー エキスポ ジャパン 2016 ~バー アカデミー~
【開催日時】 2016年5月14日(土)/ 5月15日(日) 11:00~18:30(両日共通)
【開催場所】 東京ドームシティ プリズムホール 東京都文京区後楽1-3-61
【主催】 一般財団法人 カクテル文化振興会

東京ドームシティ内のプリズムホールで行われます。以前はは渋谷の方でやっていた記憶があるのですが、ここ数年はプリズムホールですね。

会場内はどんな感じなの?

image (6)
image (10)
image (2)
このように、とてもおしゃれな感じです。各メーカーのブースではコンパニオンのお姉さんやイケメンバーテンダーさんがお酒を振る舞ってくれます。基本的に全て試飲できますが、貴重・高級なお酒や食べ物は有料のバウチャーを購入しそれと交換する必要があります。

各ブースはどんな感じなの?

image (16)
会場内の地図ですが、有名メーカーから小さな酒造までいろいろなブースがあります。繰り返しますがほぼすべて試飲できます!お姉さん方も気軽に記念撮影に応じてくれます。

会場内での注意事項は?

水分を取りましょう。

image
チケットを渡した後に当日パンフレットとミネラルウォーターが渡されます。また、会場内にいくつか給水所があります。試飲はウィスキーが中心であり、一つ一つは少量でもアルコール度数が高くブースも多いため、多めに水分を取る必要があります。

食べ物をお腹に入れましょう。

これはイベントの特性上仕方がないと思うのですが、食べ物を食べるところがほとんどありません。今年に入ってから味の素冷凍食品がブースを出してくてだいぶ改善されたのですが、それ以外は有料のバウチャーで購入するしか食べ物を手に入れる手段がありません。またこういったイベントでは当たり前ですが飲食物の持ち込みは禁止です。なぜ食べ物のブースが少ないのか。理由はわかります。食べ物を提供してしまうとそこかしこで酒盛りが始まってしまうからです。チケット代金こそ支払っているものの会場内ではお酒が飲み放題。そこに食べ物が降って沸いたらどうなるでしょう。考えるまでもありません。酒宴が始まります。スーツを着ているバイヤーや外国からのゲストが多く来ている中でそんなのんべぇ親父だらけのイベントにするわけにはいきませんもんね。ただ食べ物がないことによる弊害もあります。イベント後半になると空きっ腹にアルコールを流し込んだことによる泥酔者が大量に発生します。会場の壁際にもたれかかる者、うめき声が聞こえる個室トイレ、辛うじて会場からは出たものの東京ドームシティアトラクションの入り口で力尽きる者…個人的にはもう少し食べ物関係は改善していただきたいところ。

あまり大きな声で言えない裏技:個包装のおつまみ等をあらかじめ購入してバッグに忍ばせておき、会場の外で食べましょう。もちろん会場内で食べるのは厳禁です。が、出入りは自由かつお酒も持って出られるため、会場の外でお酒とともに食べることができます。私はお酒に弱いため、こうでもしないと早々に酔いつぶれてしまいます。会場内には椅子もないため、疲れたら休憩がてら外に出るのも大切です。

バウチャーを有効活用しましょう。

先ほども書きましたが、食べ物を手に入れる手段が有料のバウチャーしかありません。これは5枚1000円で購入することができます。1~2枚で割高ながらこじゃれたおつまみが買えるので、購入して食べ物をお腹に入れましょう。余ったらちょっといいウィスキーを飲んじゃいましょう。ウィスキーに使う場合は、バウチャーはかなりお得になります。

おすすめのブースは?

image (13)
バカルディのブースですね。会場地図を見てもわかるように、日本での知名度の割にブースの面積が大きいです。力の入れ具合が違いますね。お姉さんの数も明らかに多いです。イベントも複数回やっています。

image
この写真は数年前のものですが、モヒートの作り方を現役バーテンダーの方が教えてくれました。こういった体験型のイベントが思い出に残りやすいので、積極的に参加するといいと思います。

最後に

お酒が飲めてウィスキーが好きな人にお勧めのイベントです。各ブースの人は現役のバーテンさんだったりがほとんどなので、バーによく行くような人であれば一人でも問題なく楽しむことができると思います。最後に各ブースの写真をあげておきます。

image (10)

image (8)

image (7)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です