赤ちゃんがいるとDIYができない問題

先日娘が無事に生後2ヶ月を迎えました。ありがとうございます。ありがとうございます。拍手はその辺で結構でございます。以前も何回か育児に関して愚痴みたいなものを書いたかと思うのですが、また同じような内容になります。ご容赦ください。

赤ちゃんはかわいいものです。自分の娘であればなおさらです。ただし、手がかかることも事実です。自分では食事がとれず、排泄も入浴も人任せ。コミュニケーション方法は「泣く」一択。コミュ障にもほどがあります。いったいなんなんでしょうかこの生き物は。可愛すぎます。

世話や育児は苦痛ではないですが、時間はとられます。なにせ、赤ちゃんはほっといただけで死んでしまうのです。まず何よりも優先するのは赤子、自分のことは二の次三の次。趣味はさらにその後です。

そういった状況でありまして、DIYや工作が行えておらず、更新頻度が目に見えて下がっていくわけです。いや、過去作ったものに対して記憶と写真フォルダを漁ればエントリーは起こせるのですが、それを行うにもやはり時間が必要なわけです。勤め先はギリギリブラックではないとはいえ、システム開発業には時間外労働がつきものであり、赤ん坊がいる家庭においてもそれは例外ではありません。育児休暇は夢のまた夢。残業を終え、風呂に入れ、寝る前のミルクをあげれば既に日が変わっています。

DIYは夜間行えません。騒音の問題がありますし、たとえ音が出なくとも作業後の後片付けには掃除機が必須です。塗装作業ぐらいであれば夜でもいいですが、塗装作業は最終工程でありそこまでたどり着くことができません。この間思いついた写真立ても、材料はあるものの数週間未着手となっています。

ノコギリやドリルで発生する木屑も重要な問題です。我が家ではベビーベッドを使用していないため、娘は床に敷いた布団の上で寝起き(まだ起きないが)しています。床面に近いため木屑が口や目に入る恐れがあります。ヤスリを掛ければ粉じんが吸い込まれます。赤子にとっては大人よりも影響が大きいのではと思ってしまいます。

そういったわけで、DIYもブログの更新も滞っており、このような愚痴エントリでお茶を濁しているわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です