自分のiPhone6s Plusに錆というか腐食というかが発生中

昔使ってたiPhone4で撮影

2015年10月購入のiPhone6s Plus

iPhone4発売以降、5、6s Plusとapple製のスマートフォンを使用してきています。androidはいまだにスマートフォンの基本動作であるタッチやスワイプがまともにできない欠陥OSだと考えていますし、待ち受け画面をカスタマイズする意味もよくわからないので、画期的な機能向上が起こらない限りはこのままiPhoneシリーズを使い続けるんじゃないでしょうか。そんなこんなで昨年10月にiPhone &s Plusを購入し、今月で9か月になります。

iPhoneの使用方法

ただでさえ扱いずらいサイズのiPhone6s Plusにケースなんてつけてられません。裸で使用しています。保護フィルムも使用していません。そもそも強化ガラスでできたスマートフォンに保護フィルムを張る意味が全く分かりません。フィルムを張り付けたところで落下によるひび割れには無力ですし、日常使用でできるすり傷対策にもならないと考えています。iPhoneに使われているガラスよりも強度の高いガラス製フィルムであれば擦り傷の対策にはなると思いますが、よくあるプラスチック製のフィルムではガラスよりも容易に傷が付き、結果的に画面の視認性を妨げます。本体より脆い保護具には意味がありません。フィルムが汚れるたびに張り替えるというのであればわからなくもないですが、たいていは汚れたまま使用しているでしょう。テレビのリモコンにサランラップを巻いているのと同じです。タッチをサラサラにする奴とかのぞき見防止は理にかなっていますが。

ちなみにapple careにも入っていません。掛け捨ての保険と考えた場合に割が合わないためです。掛け捨ての保険は現在の資金で賄いきれない突発的な事象についてのみ購入すべきで、たかが一製品の破損に対してかけるべきものではありません。良心的な金額の修理屋も多いことですし、あまりappleを調子に乗せるべきではないでしょう。

話がそれましたが、ケースに入れていない、フィルムも張っていないということで一般的なユーザーよりも使用環境が苛酷であることは事実です。ただしこれがappleの想定している標準的な利用方法であるはずです。そのiPhoneの背面に錆だか傷だか腐食だかよくわからんものが浮き出てきました。なんだこれ?

錆?傷?腐食?汚れ?

昔使ってたiPhone4で撮影

昔使ってたiPhone4で撮影

文字部分を中心に白っぽいものが多数浮かんでいます。傷ではなさそうです。傷であれば指や爪で触った際に引っかかりがありますが、それがありません。また、文字周辺のみに発生しているのも妙です。アルコールでこすってみましたが変化が起きないため汚れでもなさそうです。やはり錆びているのでは。

iPhone 6s/6s Plusの本体が腐食する問題が発生!高温多湿な条件下に弱い? – IT-Strike

こちらの記事でもありますが、新しいiPhoneでは亜鉛の含有率が高く、多湿多湿の環境で錆が発生することがあるそうです。基本的にポケットの中に突っ込んでいるので、多湿な環境であるというのは当てはまります。またアメリカとの気候の違いも気になるところです。高温は?イカキロクつけてると熱くなりやすいんですよね……

今後について

とりあえず放っておきます。実用上何か問題があるわけでもないですし。さらに進行したら何かしら考えましょう。さすがに穴が開いたりはしないんじゃないですかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です